暮らし<生活情報>

総務課 > 情報公開制度
情報公開制度とはに関するメニューです。

印刷する

情報公開制度とは

1.「情報公開制度」とは 


町政に対する町民の理解と信頼を深め、開かれた町政を一層推進するために、町民のみなさんの求めに応じて、町が保有している公文書を公開(閲覧や写しの交付など)する制度です。


2.この制度を実施する機関  


町長(水道事業管理者の権限を行う町長を含む。)、議会、教育委員会、選挙管理委員会、監査委員、公平委員会、農業委員会及び固定資産評価審査委員会です。これらを、実施機関といいます。


3.対象となる公文書 


実施機関の職員が職務遂行上作成し、又は取得した文書、図面、写真及び電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によって認識することができない方式で作られた記録)であって、決済又は供覧等の手続きが終了し、実施機関が現に保管又は保存しているもの。


4.請求ができる人  


町民に限らず、誰でも請求することができます。


5.請求の方法  


「公文書公開請求書」に所定の事項(住所、氏名、必要とする公文書の内容など)を記入のうえ、紀宝町役場総務課(本庁舎1階)まで直接においでください。

公文書公開請求書は、総務課にも備え付けています。また、記入の際は、みなさんのご相談に応じます。


6.開示の方法 


公文書公開請求書を受理した日から起算して、原則として 15日以内に、公開するかどうかの決定を行います。公開する場合は、請求者に日時と場所を通知します。

非公開の場合は、その理由を通知します。


7.費用の負担


公文書の閲覧は無料です。ただし、写しの交付や郵送にかかる費用は負担していただきます。写しの交付については、1枚(A3判まで)につき、白黒 10円、カラー20円。A3判を超える大きさのものは、実際に複写に要する額を負担いただきます。


8.決定に不服のあるとき 


非公開の決定に不服のあるときは、決定のあったことを知った日の翌日から 3ヶ月以内に、実施機関に対して審査請求ができます。

審査請求があったときは、学識経験者などで構成する情報公開審査会に諮問し、その答申を尊重して公開するかどうかの再決定を行うことになります。


9.公開(開示)しないことができる公文書


この制度では、公文書は公開(開示)が原則ですが、公開しないことができる主なものは次のとおりです

(1)法令又は条例の規定により、公開することができないとされている情報。

(2)個人に関する情報(事業を営む個人の当該事業に関する情報を除く。)であって、特定の個人が識別され、又は識別され得るもの。

(3)法人その他の団体(国及び地方公共団体を除く。)に関する情報又は事業を営む個人の当該事業に関する情報であって、公開することにより、当該法人又は当該個人の競争上の地位その他正当な利益を害すると認められるもの。

(4)町又は国等の事務事業に係る意思形成過程における審議、調査、検討等に関する情報であって、公開することにより、当該又は将来の同種の事務事業に係る意思形成に支障を生ずるおそれがあるもの。

(5)検査、監査、取締り、入札、試験、交渉、渉外、争訟、人事等の事務事業に関する情報であって、公開することにより、当該若しくは同種の事務事業の目的が損なわれ、又はこれらの事務事業の公正又は円滑な執行に支障を生ずるおそれがあるもの。

(6)公開することにより、個人の生命、身体及び財産等の保護、犯罪の予防その他公共の安全と秩序の維持に支障を生ずるおそれがあるもの。

公文書公開・個人情報開示請求件数

(平成28年度)

紀宝町情報公開条例第20条及び紀宝町個人情報保護条例第34条の規定により、平成28年度(平成28年4月1日から平成29年3月31日まで)の、紀宝町各実施機関の請求件数を公表します。

1.請求件数


(1)情報公開請求   51件

(2)個人情報開示請求  0件


2.実施機関別の請求件数

実施機関名 公文書公開請求 個人情報開示請求
町長 44
議会
教育委員会
選挙管理委員会
監査委員
公平委員会
農業委員会
固定資産評価審査委員会

(国の行政機関・独立行政法人等の情報公開・個人情報保護制度に関するお問い合わせ)
三重行政評価事務所 情報公開・個人情報保護総合案内所

問い合わせ先

紀宝町役場 総務課

TEL:0735-33-0333

FAX:0735-32-3061

〒 519-5701

三重県南牟婁郡紀宝町鵜殿324番地

※「用語解説」のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。
 用語解説に関するご質問・ご要望は、「Weblio」までお問合せ下さい。

このページの先頭に戻る

ひとつ前にもどる